【海外反応】台湾からの使者

台湾の日常や台湾の日本事情などを台湾人が紹介します。

Powered By 画RSS

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

永瀬正敏主演の台湾映画「KANO」 2月27日の公開から3日間で4000万台湾元(約1億3365万円)を突破!

0003_1.jpg

1929年に誕生した日本人、漢人、原住民による嘉義農林野球部が新任監督の近藤兵太郎を迎え、スパルタ式訓練で「甲子園進出」を目指すことになった。

のんびりしたチームだった嘉農野球部は、近藤の鬼のような特訓を1年間受けると、連敗続きの野球部員も勝利への強い意志が沸き、甲子園出場の夢を抱く。

そしてついに1931年、台湾予選大会で連勝を続け、日本人のみの常勝チームであった台北商業を打ち負かして、濁水渓から南部の学校で初めて台湾代表大会での優勝。嘉農野球部は台湾の代表チームとして、日本への遠征へと赴く。

夏の甲子園で戦った嘉義農林チームの、1球たりとも諦めない感動的なプレイが5万5千人の大観衆の心を掴む。嘉義農林は台湾野球の歴史に大きな功績を残した。

球児たちの恐れを知らず勇敢に自分に挑戦する姿は、ある意味真の勝利なのかもしれない。決勝戦で敗れた嘉義農林チームに、観客席から熱い声援「戦場の英雄…天下の嘉農…」が送られる。





日本語版公式Facebookページより

https://www.facebook.com/Kano.japan/info












この映画見る前に歴史とかを全部調べてみました。

映画館で過ごした三時間、セリフや仕草を間違えることは全然なかったです。

KANO(かのう)というチーム、最初の試合は結局負けるしかなかった。

近藤さんはお風呂の寄り道中に、漢人の力と台湾人の速い足と自分の知っている日本人の固い防守を想った。

※当時の「嘉義農林」の野球部は、日本人と漢族の台湾人、それに先住民という3つの民族の選手の混成チームだった。


そして、KANO(かのう)のみんなは負けても諦めない、昨日の自分を越えると楽しく思っていた。

こんな思いを持つチームは本当に少ないです。

近藤さんは日本にいる時のチームなら諦めていた。



しかし、あんなに野球が好きな人たちはいない。絶対自分のチームは諦めないと信じている。

近藤さんはただ探していた。勝負は勝つだけじゃない、勝負は負けない、諦めないと思うチームを探していた。



チームKANO(かのう)、 勝ったことはないけれど、ちゃんと目を見て、ちゃんと心で感じると、KANO(かのう)とほかのチームと違うところが見えてくる。

平野君が「毎日甲子園、甲子園って言って、なんか甲子園はうちのとなりですぐ行ける」って言ってた時、お笑いみたいだけど、毎日自分の夢に向かって頑張ったら必ず叶う!と信じていた。

最後の選手権大会、呉君の手が怪我をしてしまった、でも絶対に諦めない!!

その意気に感動しました!










台湾人の反応





1、ストーリーを思い出したら、涙が……。



2、今から2回目を見に行く!



3、他の人の夢を助けている時、あの人もあなたの夢を助けている。



4、この映画超お薦め!超感動だぜ!



5、すごく良いストーリーでした。



6、激励するストーリーだ!



7、本当の試合を見ると感じるwww



8、>>7映画館でホームラン!!!って叫んだ、恥ずかしい



9、高校野球とてもよかったです。



10、>>8私も超叫びたいwwwwwww



11、やっぱり超勝ちたいよ



12、>>11だよねwww



13、でもみんな顔が似ている、誰か誰分からないです



14、>>13私もwwww



15、>>13、14勝ちたいと思うな!負けられないと思うんで!



16、日本でも人気のようであれば、よかったです。




ブログパーツ

| 台湾の反応 | 18:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

台湾大好き!!
KANO日本に来たら絶対に見ます

| 122 | 台湾事情通 | 2014/03/19 03:30 | URL |

コメントありがとう!

> 台湾大好き!!
> KANO日本に来たら絶対に見ます

コメントありがとうございます。
私も日本が大好き。
KANO楽しんでくださいね(笑)

| 123 | 小鳥 | 2014/03/21 10:30 | URL |

日本でも2015年に見られるようです。
楽しみにしてます。
http://matome.naver.jp/odai/2139460326308102801

| 797 | ken | 2014/05/21 03:31 | URL |

情報ありがとうございます。
来年ですね。今から楽しみ(^^)/

| 846 | 台湾好 | 2014/06/04 17:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tainichi.blog.fc2.com/tb.php/5-34aa17c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。